たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  東久留米市 東久留米市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2010年11月24日

ビールの語源

ビールは古代バビロニアではシカリといいました。このシカリがヘブライ語ではシェケール(濃い酒)となり、
ギリシャ語ではシケラ(甘い酒)となります。

ホメロスの『イーリアス』にはキューケイオー(混ぜ粥)というものが出てきますが、
これは粥といっても飲み物といったもので、元来はビールではなかったかといわれています。
 
ケルト人(ガリア人)はローマ時代、フランス地方に住んでいましたが、
ローマ人は彼らの飲むビールをセルボワーズと呼んでいました。

これはスペイン語のセルヴェーサ、ポルトガル語のセルヴェージャと同じく、
ラテン語のケルウィシア(ケレスのウィシア、生命力)に由来します。

ケルト人は自分たちの言葉ではアルーとかエウルといっていたようです。
これはエール同様「植物のしぼり汁」の意味で、苦味や渋味をもつ植物を加えた飲料を指していたといわれます。
オイルも同じ系統の言葉です。
 
ビールという言葉はゲルマン語のベオレ、つまり穀物からきたといわれています。
どうやらこれが現在のビールの語源といえるのかもしれません。
 
ロシア語ではビールのことをピーヴォといいます。“飲む”のピート、“酒類、飲料”のピートョの古語ピーヴァトに関係があるようです。今もつくられるクワスはパンを砕いて水に入れ、発酵させたものです。
  

  • Posted by dfさtr at 16:46Comments(0)ビール